Back to top

乳歯の虫歯予防

Caries

乳歯の虫歯予防

Carious prevention of childhood

小児とはおおむね15歳以下を指します。

虫歯の予防は、年齢によって対処法が変わる面もあります。

虫歯を引き起こす主な細菌であるミュータンス菌は、誕生したばかりの赤ちゃんにはありません。

成長過程で、例えば両親からのキスや、スプーンの共有等から赤ちゃんに感染し、いったん感染すると、ミュータンス菌は生涯、口腔内から無くなりません。

ミュータンス菌に感染する危険があるのは、3歳位迄の間です。だから、それまでの予防が重要になります。

家族間感染を回避するためには、かなり意識を高く持つ必要があります。

親が自分の箸で食べ物をつまみ、それをうっかり子供の口へ運び与えることは避けてください。

子供用の箸、食器、歯ブラシを決め、家族と共有しないことも大事です。

特に子供用歯ブラシは家族用と接触しない保管が必要です。

その後、年齢を問わず、虫歯の予防に最も必要なことは毎日の歯磨きと、プラーク(歯垢)を減らすプラークコントロールです。

6歳、12歳前後で生える第一大臼歯、第二大臼歯は、元の歯の後ろ側から生えてきます。元の歯と新しい歯が並ぶので、歯の隙間への歯磨きが角度によっては難しいため、デンタルフロスや歯間ブラシの使用をお勧めします。

フッ素療法も効果的です。例えば、フッ素洗口、フッ素入り歯磨き粉、歯科医院でのフッ素塗布などです。

キシリトールもお勧めです。食後にキシリトールガムを噛むと効果的です。

糖質過多の食生活にならない配慮も必要です。

食べ物を口にした後はかならず歯磨きをするなら別ですが、3回の食事の他、オヤツを食べたり、ジュースを飲むたびに歯磨きを徹底するのはなかなか難しいです。

また、1日の飲食の回数が増えると、再石灰化が遅れ、虫歯の原因にもなります。だから、間食を控えることも虫歯の予防になります。

奥歯の上部の溝を薄いプラスチックで塞ぐシーラントという虫歯予防法があります。

奥歯の凹みの溝はいびつな形で、歯ブラシの先端がうまく届かない場合があります。食べ滓が溝に残らないようにシーラントで塞げば、効果的です。