Back to top

虫歯治療のご相談

Caries

虫歯治療のご相談

Caries consultation

虫歯に関する不安、悩みをお持ちではありませんか。

歯はいったん虫歯になると、治療しないかぎり、自然に治ることはありません。

早期発見、早期治療をすれば、治療時間は短く、治療費も少なくて済みます。

「でも痛みはまだないから、歯科医院で診てもらうほどではない。だけど、心配はある」という方は、まずは気軽にご相談ください。

少しでも虫歯の不安がある場合、または、全然痛みの自覚はないけれど、以前より歯の白さが落ち、乳白色になってきている、歯の表面に微かな薄褐色の斑点がある場合、虫歯の初期段階の可能性が高いです。

虫歯の初期では、痛みの自覚はありません。表面のエナメル質はほぼ無機質で、虫歯に浸食されて薄褐色の斑点ができても、痛みを感じないのです。

エナメル質の奥の象牙質が虫歯に侵されると、例えば、冷たい物や熱い物を食べたときに沁みる知覚過敏になります。

虫歯は治療しないかぎり、歯の浸食を止められませんから、さらに進行し、象牙質の深い所、その奥の歯髄にある神経に触れてはじめて、虫歯の痛みが発生します。

痛みが発生してから歯科医院を訪れる方が多いですが、その場合、治療に時間がかかります。

まずは虫歯に侵された部分を削り取り、軽い場合は詰め物で、詰め物では間に合わない場合は、クラウン(差し歯、被せ物)をはめる治療をします。

歯の神経を抜き、消毒を繰り返して、クラウンを装着するまで、所要期間に個人差はありますが、すぐには終わりません。

痛みのない初期段階で治療していれば、虫歯の部分を削り取るだけで終わりです。

だから、虫歯に関する不安、悩みがある場合は、気軽にご相談ください。どんなご相談でも構いません。

例えば、フッ素やキシリトールは虫歯予防に効果があるのか、ドライマウス、口臭で困っている、インプラントの治療費は? 等など。

様々な疑問があると思います。まずはご相談から、あなたの虫歯を解決いたします。