Back to top

虫歯について

Caries

about Curies

「虫歯」は通称で、正式には「う蝕」と言います。(う蝕された歯は「う歯」)。

虫歯とは、口腔内の細菌が飲食物の糖質から乳酸等の酸を作り、その酸が歯を脱灰させて溶かしてしまう病気です。

歯磨きを怠ると、歯の表面にプラーク(歯垢)がこびりつき、やがて歯の歯肉縁に溜まって歯石になると危険信号です。プラークは単なる飲食物の滓ではなく、細菌の巣窟です。

口腔内には多くの細菌が存在します。

虫歯を引き起こす主な細菌であるストレプトコッカス・ミュータンス菌は、誕生したばかりの赤ちゃんにはありません。

成長過程で、例えば両親からのキスや、スプーンの共有等から赤ちゃんに感染し、いったん感染すると、ミュータンス菌は生涯、口腔内から無くなりません。

だから、赤ちゃんの頃の予防がとても重要になります。

例えば、幼い頃に菌に感染せず、ある程度成長した場合、歯を磨かなくても生涯虫歯にはならないとも言われています。

しかし、感染しても悲観する必要はありません。

しっかりとした虫歯予防を身につければ、虫歯に悩まされることはないのです。

まずは、歯磨きとプラークコントロールです。

プラークコントロールとは、口腔内のプラークを減らすことです。

もしも虫歯になってしまったら、虫歯は、放置して自然に治ることはありません。治療しないかぎり、進行します。

例えば、痛みが出て、我慢して、翌日、痛みが治まっている場合があります。これは一時的に治まっているだけで、細菌が消滅したわけではありません。細菌は他の健康な歯へと移動増殖し、さらに酷い結果になる可能性があります。

だから、悪化する前に、かならず歯科医院で診察を受けましょう。

早期発見、早期治療をすれば、治療にかかる時間の節約、治療費の節約にもなります。

虫歯の進行度1

虫歯の進行度2

虫歯の進行度3

虫歯の進行度4