Back to top

歯ぎしりについて

Bruxism

歯ぎしりについて

歯ぎしり(歯軋り)の音を聞いたことがある人は多いと思います。

歯ぎしり(歯軋り)とは、寝ている間に無意識的に歯をこすり合わせている症状のことです。

 

歯ぎしり(歯軋り)には、いくつかの種類があります。

一般的なタイプは、寝ている間に上下の歯を強く噛みしめ、左右にギリギリと鳴らしながらこする歯軋りです。

このような症状の場合、グライディングと呼ばれています。

この歯軋りの音は、隣で寝ている人が起きてしまう程、大きな音になることもあります。

寝ている間に無意識的に行っているので、本人は全く気づかない場合もあります。

朝の起床時から顎が痛む人は、歯ぎしり(歯軋り)をしている可能性があります。

また、上下の歯を強く噛みしめるケースもあります。

このタイプの歯軋りはクレンチングと呼ばれます。

強い力で噛みしめているので、歯が折れてしまう事もあります。

 

一番少ないケースとしては、歯を上下にカチンカチンと噛むタイプの歯軋りがあります。

このような歯軋りは、タッピングと呼ばれます。

このタッピングでは、小刻みにカチカチカチと連続して音が聞こえ続けるような歯軋りをする場合もあります。

 

このように歯ぎしりは、大きく分けて3種類に分けらます。

どのタイプの歯軋りでも、寝ている間、歯に大きな力が加えられています。

この力は想像以上に大きなもので、歯が折れたり、欠けてしまう人もいる程です。

朝から顎が痛い場合や、口の周りが疲労している場合にも、歯ぎしりをしている可能性があるので、このような感覚がある場合には早めに歯科医で相談してみましょう。

また歯軋りの原因としては、一般的にストレスと言われています。

噛み合わせも影響すると言われているので、気になる場合には早めに歯科医師に相談してみましょう。