今すぐ電話相談 電話で来院予約

歯磨きについて【後編】

こんにちわ、久我山駅前歯科です。

今回は前回の続きで、しっかり汚れが落とせる磨き方やおすすめの歯ブラシについてお話しさせて頂きます。

3-3.歯肉炎により出血があったり歯周病の方は毛先が細いものを選ぼう

歯肉炎により出血があったり歯周病の方は歯と歯肉の境目や歯周ポケット近くまでできるだけ歯垢を落とす必要があります。
そのため毛先が境目に入っていくよう先端が細いものを選びましょう。

3-4.歯磨きが苦手な方、高齢の方、効率よく磨きたい方は幅広ヘッドブラシを選ぼう

やわらかめで幅広タイプで植毛が密であるヘッドであれば、誰でも簡単に歯垢が落とせます。力を入れてもやわらかめのため歯肉に傷はつきにくく、幅広のため短時間で効率よく磨けます。
持ち手のグリップにも工夫があり、持ちやすさも選ばれる一つになっています。

3-5.時間がない方、歯磨きが苦手な方、着色が付きやすい方は電動歯ブラシを選ぼう

電動歯ブラシは様々な種類があります。ほとんど自分で動かす必要がないので楽に歯垢を除去でき、短時間で落とせることが魅力です。
しかし、長い間同じ歯に当てたままにしたり誤った使い方をすると歯が削れたり歯肉が傷ついたりするので気をつけて使用してください。

3-6.親知らずや歯が重なっている部分もワンタフトブラシで仕上げて上級者レベルに

ワンタフト歯ブラシはいつも使っている歯ブラシに併せて使い、生えかけの親知らずの部分や歯が重なって磨きにくい部分や歯の裏側の歯肉の境目等に適しています。
ペンタイプなので使いやすく習慣になりやすいです。

4.歯垢がぐんぐん落とせる磨き方を解説

4-1.強く磨きすぎないためにもペンを持つように

ゴシゴシ磨きは毛先が必要以上に曲がってしまい、歯垢は落ちるどころか歯の表面や歯肉も傷つけてしまいます。
それを防ぐのに効果的なのは歯ブラシをペンを持つようにすると力が入らず、適度な調整ができ小回りもききます。

4-2.1カ月で新しい歯ブラシに交換を

毛先が広がってしまった歯ブラシは歯垢をとらえきれず磨き残しが増えます。新しい歯ブラシの毛の弾力を上手く利用して磨いてください。
それから、お口の中は細菌だらけです。あまり長期間の使用は衛生面でもおすすめしません。

4-3.順番を決めて磨くことが大切

歯磨きは順番を決めて磨くことにより、磨き残しを防ぎます。

4-4.歯1本分くらいの幅に小刻みに動かす

45度に当てることができたら歯1本分くらいの幅に小刻みに振動をかけるように磨いていきます。

4-5.カーブの部分には歯ブラシをしっかり押し当てたまま磨きながらすすむ

歯が並んでいてカーブの部分があったり自分の歯自体が丸みがあることをイメージしながら磨いていくことがポイントです。

4-6.前歯の裏側は歯ブラシを縦につかう

前歯の裏側は下の歯も上の歯も歯ブラシを縦に使い、磨きます。

4-7.奥歯は歯ブラシを横から入れてもよい

奥歯の後ろ側は親知らずがあったり、磨きにくい場所です。
歯ブラシをまっすぐ入れるだけでなく横から入れたり、柄の部分を持ち上げてヘッドの先端2列目くらまでを使って磨きます。

4-8.前歯は横磨きの後に縦磨きで仕上げる

特に犬歯の部分は隣りの歯と比べ根本が露出しているために磨き残しが出やすいです。
歯ブラシを縦に使い仕上げることで根本の虫歯や歯肉の炎症を防ぐことができます。

5.補助用具は併せて使えば効果アップ

デンタルフロス・歯間ブラシ・タフトブラシを使えば歯と歯の間や溝の部分の歯垢を落とせ、歯磨きでは落とせない部分のケアができます。

まとめ

いかがでしたか?毎日する歯磨きだからこそきちんとできなければ、歯周病と虫歯のリスクはどんどん上がります。
今回、解説した歯磨きの方法を今日からぜひ試してみてください。繰り返し行なうことにより自然と歯磨き力がつくはずです


SNSでもご購読できます。