歯ブラシ以外の補助用具についてと、コンクールでの洗口

歯ブラシ以外の補助用具はどんな時に使えばいいの?

次のような方は、歯ブラシのあて方や動かし方を工夫するだけでなく、歯間ブラシやデンタルフロスなどの補助的清掃用具の使用をお勧めいたします。

使用の際には、専門家から使い方の指導を受け、正しく使いましょう。

歯と歯の間に隙間がある方

入れ歯の見た目歯と歯の間の汚れは、歯ブラシだけでは全て取り除くことが難しいものです。

特に高齢になると、歯ぐきが下がることにより歯と歯の間の隙間が目立つようになってきます。

歯と歯の間は磨きづらく、虫歯になりやすい場所でもありますので 歯ブラシに加えて、歯間ブラシデンタルフロスを併用することをおすすめします。

抜けている歯がある方

抜けている歯があると、歯と歯の間に広い隙間ができます。

歯ブラシが隙間にうまく入らない場合、その部分の汚れが磨けなくなってしまいます。

そんな時は歯ブラシよりも小さな歯間ブラシを使用し、残っている歯の汚れを磨き落とし、清潔に保ちましょう。

お勧め補助的清掃用具

数多くある補助的清掃用具の中から、今回は以下の4つをご紹介します。

  1. 歯間ブラシ
  2. デンタルフロス
  3. ワンタフトブラシ
  4. うがい液

1. 歯間ブラシ

1-1. 歯間ブラシってなーに?

歯間ブラシは、歯と歯の間の隙間の汚れを取り除くための歯ブラシよりも小さなブラシです。

金属のワイヤーにナイロンの毛がつけられていて、植毛部分は歯ブラシよりも細くつくられており、 ワイヤーでできているため、適切な角度に曲げることができます。

歯間ブラシ本体の形状には「L字型」と「I字型(ストレート型)」があります。 一般的にL字型は奥歯に使用し、I字型は前歯に使用します。

様々な隙間の大きさに対応できるよう、歯間ブラシは大小いくつかのサイズがあります。

1-2. 歯間ブラシの正しい使い方は?

歯間ブラシの使い方は、それほど難しくはありませんが、使い方を誤ると歯ぐきを傷つける恐れがありますので注意しましょう。

奥歯に対して使用する場合は、歯の内側、外側の両側から使用すると、より効果的に汚れが取り除けます。

1日1回は歯間ブラシを使いましょう

Step1.

必ず鏡を見ながら使いましょう。
鉛筆を持つように持つと操作がしやすいです。

Step2

歯茎を傷つけないように、ゆっくりと斜めに挿入します。歯間ブラシを水平にして、歯面にそわせて前後に2〜3回動かします。

Step3

奥歯は、内側からと外側からの両方向から使うと効果的です。

 

Step4

取り出す時は、ゆっくりと抜き取ります。

 

Step5

使用後は流水で洗い、乾燥させてください。

 

 

1-3. 歯間ブラシって使い捨てなの?

歯間ブラシは使い捨てではありませんので、適切に保管をしましょう。

使用後は、歯ブラシ同様流水下で洗い、汚れを落とします。

汚れが落ちにくい場合は、指でこすり洗いをしましょう。

その後、よく乾燥させ、細菌の繁殖を防いでください。

また、歯間ブラシは使用していると植毛部分が曲がったり、毛が乱れてきます。それが交換時期のサインです。

使っているうちにワイヤー部分の金属が折れやすくなるため、長くても1ヶ月ごとの交換をおすすめします。

使い方によっては2週間ほどで金属が劣化し折れやすくなり、歯と歯の間に残ってしまったりすることもあります。

効率良く汚れを落とすためにも、適宜新しいものに取り替えましょう。

1-4. お口に合ったサイズの歯間ブラシは?

歯間ブラシのサイズが大きすぎたり小さすぎたりしてしまうと、汚れを取り除けないばかりか歯ぐきを痛めてしまうことがあります。

歯間ブラシは、隙間に合わせて使用できるよう、様々なサイズのものが登場していますので ご自分の歯ぐきの大きさに合ったサイズのものを購入するようにしましょう。

歯間ブラシを選ぶ一つの目安として、歯と歯の隙間に入れた時に、抵抗感なく動かせるサイズのものだと良いでしょう。

初めて歯間ブラシを使用する方は、小さいサイズのものから試してみることをおすすめします。

歯間ブラシが入らなかったり抵抗感がある場合には、デンタルフロスを使用するようにしましょう。

2. デンタルフロス

2-1. デンタルフロスってなーに?

デンタルフロスとは、歯と歯の間の汚れをとるお口のためのフロス(=糸)のことです。

デンタルフロスには、「糸巻きタイプ」と「ホルダータイプ(柄付き)」があります。

2-2. デンタルフロスの正しい使い方は?

デンタルフロスは、歯間ブラシが入らない、歯と歯の間の隙間が狭い方が使用するのに適しています。

2-3. デンタルフロスは使い捨てなの?

デンタルフロスは使い捨てです。

もったいないという気持ちから短く切って使おうとすると、かえって使いにくく十分な効果を発揮できません。

利用に適した長さで使いましょう。

また、柄付きのホルダータイプのデンタルフロスは洗えば何回でも使えますので、糸が切れるまで使用可能です。

2-4. 歯に引っかかる場合は?

デンタルフロスを使用していて、歯に引っかかるような感じがしたら、虫歯になっていたり、歯石がついている恐れがあります。

歯科医師と歯科衛生士に相談しましょう。

歯間ブラシやデンタルフロスをするタイミングは?

歯間ブラシやデンタルフロスを使用する際は、歯磨きの後か、歯磨きの前に使用することをおすすめします。

歯磨きの前に使用すると、最初に歯と歯の間をキレイにすることで、その後のお掃除(歯磨き)が効率良く行えます。また、歯間ブラシやデンタルフロスを習慣化し、忘れずに通せることに繋がります。

歯間ブラシやデンタルフロスは、一日一回、特に夜に通すことをおすすめします。

使用後は、ブクブクうがいをしましょう。

3. ワンタフトブラシ

歯ブラシで歯を磨いているがどうも奥まで磨けなかったり、歯医者さんの検診ではいつも「もう少しですね」と言われてしまう方も多いのではないでしょうか。

このような方におすすめなのがワンタフトブラシという小さな歯ブラシです。

タフトブラシやプラウトブラシなど呼び方はいろいろありますが、歯ブラシの先が小さくまとまった1本ブラシのことです。

今回はワンタフトブラシの効果的な使い方と使用法、種類についてもお伝えします。

ぜひ参考にしてくださいね。

3-1. ワンタフトブラシってなーに?

ワンタフトブラシとは歯ブラシの形をしていて毛先が一塊になっている歯ブラシのことです。

タフトブラシ、プラウトブラシ、インプロなどの商品名がありますが、同じような使い方をします。

普通の歯ブラシでは磨きにくい場所をピンポイントで磨くことができます。

しかし、ワンタフトブラシで全ての歯を磨くと時間がかかりすぎるので、歯ブラシでは磨きにくいところだけに使うと効果的です。

3-2. ワンタフトブラシの7つの効果的な使い方

その1. 歯ブラシでは磨きにくい一番奥の歯を磨く

歯の中で一番奥の歯は最も歯周病や虫歯が進行しやすい場所です。

しかし、歯ブラシではヘッドの部分が大きすぎて、毛先が奥まで届かず、歯垢が多く残ってしまいます。

ワンタフトブラシはヘッドの部分が小さいため、奥歯でも磨くことができ、虫歯や歯周病のリスクが高い部分の歯垢を落とすことができます。

その2. 親知らずの隙間を磨く

親知らずは横や斜めだったり、歯茎が被っていたり歯垢が残りやすい場所です。

ワンタフトブラシで磨くと、斜めになっている隙間や、歯茎に覆われている歯の部分など細かい部分を磨くことができます。

その3. ブリッジの下を磨く

ブリッジは歯を失った部分を前後の2本の歯で、3本の歯を橋のようにつなげる治療です。

歯を失った部分の周囲は歯ブラシだけでは汚れが残りやすく、ワンタフトブラシで丁寧に歯垢を取り除く必要があります。

ブリッジは一つの土台の歯が虫歯になってしまうと、3本分全てやり替えなくてはならなくなります。

なので、しっかり隅々までキレイにする必要があります。

その4. インプラントの周りには不可欠

インプラントは歯を失った部分の顎に人工歯根(インプラント)を入れて、歯の根から人工の歯を作る治療法です。

自分の歯に比べ、細菌に対する抵抗力が弱いため、丁寧に歯垢を取っていかないと寿命が短くなってしまいます。

そのためワンタフトブラシで磨くことによって歯垢をしっかりとることができます。

その5. 重なり合っている歯の部分を磨く

歯並びが悪く重なり合っている部分は虫歯や歯周病になりやすい部分です。

ワンタフトブラシの先を間に入れ込むように磨くことによって多くの歯垢を落とすことができます。

ただし、歯と歯が重なっている部分にはデンタルフロスで歯垢を落とす必要があります。

その6. 矯正装置の周りを磨く

矯正装置の周りはデコボコしており歯垢がとても残りやすい場所です。

ワンタフトブラシは矯正装置の隙間の部分に毛先が当たりやすいので矯正治療をされている方はおすすめのブラシです。

その7. 部分入れ歯のバネがかかっている周辺を磨く

部分入れ歯のバネがかかっている歯には歯垢が多く残ります。

入れ歯を外し、残っている歯の根元の部分をワンタフトブラシで丁寧に磨けば、残っている歯の寿命が長くなります。

3-3. ワンタフトブラシの使用法

3-3-1. 口の中全体を歯ブラシで磨く

ワンタフトブラシで歯の全てを磨くと効率が悪く、時間ばかりかかってしまいます。始めに歯ブラシで全体を綺麗に磨いてください。

3-3-2. 歯ブラシが当たらない細かな部分を磨く

ワンタフトブラシを使う部分はとても磨きにくい部分です。

鏡を見ながら毛先が磨きたい部分に当たっているか確認しながら磨くようにしてください。

4. うがい液

ここまでは歯ブラシ以外の補助用具についてご紹介させて頂きました。

実は、歯ブラシの後に最後の仕上げとして行ってほしいものがあります。

それは洗口液でのうがいです。洗口液でのうがいはとっても大事なんです。

この機に、当院でおすすめしているうがい液も一緒にご紹介させて頂きますね。

4-1. コンクールF

4-1-1. コンクールFとは?

高い殺菌力を持つコンクールFは、歯周病などの口腔トラブルに効果があるとされる洗口液です。

日本人の成人の約80%が罹患しているとされている歯周病は、歯茎の腫れや痛み、出血といった症状をもたらすだけでなく、悪化すると歯槽骨が溶けて歯を支えられなくなり、歯が抜けてしまう病気です。

歯周病予防の基本は、歯や歯茎の表面に付着したバイオフィルム(細菌の集まり)をブラッシングによって落とすことです。バイオフィルムを除去した状態で洗口液を使えば、歯や歯茎に洗口液が行き届きやすくなり、歯周病予防に効果を発揮します。

4-1-2. コンクールFの特徴

洗口液特有の刺激がない

一般的に、マウスウォッシュには使用後の爽快感や口臭予防を目的として、エタノールなど含まれていることが多いのですが、エタノールなどは口腔内の粘膜を刺激するため、ピリピリとした辛さを感じることがあります。

中には「マウスウォッシュを使いたいけれども、この辛みが苦手で…」という方も多いのではないでしょうか。

コンクールFは口に入れても強い刺激を感じにくく、後味もマイルドなミント味です。独特の辛みが苦手な方も安心して使用することができます。

濃さの調整がしやすい濃縮タイプ

コンクールFは小さなボトルに入っていますので、「すぐに使い切ってしまうのでは?」と思うかもしれませんが、濃縮タイプのため自分でうすめて使います。

1回に使うのは5~10滴で、1本につき約360~700回のすすぎが可能です。口腔内の状態に合わせて濃さを調整できます。

コンクールFの成分と効果

コンクールFには、主に以下の成分が配合されています。

  • グルコン酸クロルヘキシジン(CHG)
  • グリチルリチン酸アンモニウム
  • 緑茶抽出液
  • I-メントール
  • エタノール(溶解補助剤)

「グルコン酸クロルヘキシジン」には殺菌作用があり、口腔内で細菌が増えるのを抑える働きをします。この作用が、虫歯や歯周病の予防に効果を発揮します。また、殺菌効果によって口臭の予防にも役立ちます。

歯周ポケットが深くなると、プラークが歯周ポケットの奥深くへと入り込みやすくなり、通常のブラッシングでプラークを落としきるのがますます困難になります。

「グリチルリチン酸アンモニウム」には、歯茎の炎症を抑えて歯周ポケットの深化を防ぐ抗炎症作用があります。歯周ポケットが深くなるのを防ぐことは、歯周病の悪化を食い止めることにもつながるのです。

さらに、緑茶抽出液とl‐メントールが苦みを和らげ、洗口後の口腔内をすっきりさせてくれます。

4-1-3. コンクールFの使い方

コンクールFは濃縮タイプの洗口液ですので、水で薄めて使用します。

使用の流れ
  1. 約25~50mL(コップ約1/8~1/4ほど)の水に対し、コンクールFを5~10滴入れる
  2. よくかき混ぜる
  3. 口に入れてすすぎ、吐き出す
注意点

すぐに吐き出すのではなく、10〜15秒など少し長めに口に含みすすぐことで、お口の中全体に行き届きます。

細菌は頬や舌や歯と歯の間、ポケットの中などいろんな所にいますので、それを掻き出すという意味で長めにうがいをしましょう。

また、うがいした後は、お水でゆすいだり、お水を飲んだりしないで下さい。うがい後のお薬の成分が飛んでしまいます。

4-1-4. コンクールFの安全性と使用する際の注意点

多くの食品や薬品について、アレルギー症状をもたらす場合があることが知られていますが、コンクールFも、

体質によっては稀にアレルギー症状を引き起こすことがあるため、注意が必要です。

アナフィラキシーショック

コンクールFに含まれるグルコン酸クロルヘキシジン(CHG)は、口腔内に長く留まり、最大で12時間、唾液中の細菌が増えるのを抑える効果を発揮します。

歯周病の原因となるプラークに対しても持続的に殺菌効果を発揮することから、歯科医院での歯石除去(スケーリング)後にグルコン酸クロルヘキシジンを用いることで、より高い予防効果が得られると言われています。

しかし、グルコン酸クロルヘキシジンはごく稀にアレルギー症状をもたらすことがあります。

一部の歯科医院で、歯周ポケットを直接コンクールFで洗浄したところ、患者がアナフィラキシーショックを起こした事例があるのです。

個人が通常の洗口液として利用する場合、正しく希釈した上での利用であれば、アナフィラキシーショックに至るほど重大な影響があることは考えにくいですが、使用する際には歯科医師や歯科衛生士の指導のもと、用法・用量を守って正しく利用するようにしましょう。


SNSでもご購読できます。