Back to top

オールオン4のトラブル

thinking businessman
オールオン4、及びインプラントにはどのようなリスクがあるでしょう?

治療を受ける前に、インプラントが危険な治療になってしまうかもしれない問題点について、知っておくことが大事です。

インプラント治療に治療に弊害がある疾患や薬)

* 糖尿病などの全身疾患の持病、心臓疾患、不整脈、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞がある場合には、治療ができない、または困難になることがあります。

医師に十分相談をしたうえで治療を行ってください。

* 降圧剤を服用している場合、副作用で歯肉炎になりやすいので注意が必要です。

* 骨粗しょう症の場合は、インプラントが骨と結合しないことがあります。

また、骨粗しょう症の治療薬のビスホスホネートを服用中はインプラント治療ができません。

咬み合わせ)

歯ぎしり、歯を食いしばる癖がある場合や、咬む力が強い場合、インプラントには自然歯には備わっている歯根膜という歯槽骨への衝撃を和らげる役割をするものがないので、インプラントの治療後に歯周病になる可能性があります。

ただし、咬みあわせの調整をおこない、就寝時にマウスピースを装着することによって予防することができます。

歯周病)

歯周病がある場合にはインプラントの埋入に失敗することがあります。

これは医師側の問題で、手術前に十分な確認をしていない為にとおこってしまう失敗です。

歯周病は、インプラントにとって、最もリスクの高いものです。

日常的にしっかりブラッシングをおこうこと、喫煙をしないことが大事です。

糖尿病、口呼吸、歯ぎしりも歯周病の原因になることがあります。

オールオン4のトラブルを避ける為には、治療の前に十分に医師に相談することと、治療後の定期検診、自宅での口腔内の手入れが必要です。