Back to top

オールオン4の治療方法

オールオン4の治療方法は、少ないインプラントの数で歯を補う治療方法で、ノーベルバイオケア社の独自のシステムで作られたインプラントを使って行われます。

all on 4 method

通常の治療に使われるインプラントより長い4本のインプラントをあごの骨に斜めに埋め込み、インプラントにかかる力が均等になるように調整して片顎すべての歯を固定します。

これは、上顎にある空洞の上顎洞や下顎にある太い神経を避けるために、インプラントを傾斜させるのです。

all on 4 method2

通常のインプラント治療の場合は、歯の数と同じだけ、インプラントを顎の骨に埋め込む必要がある為、インプラント治療をする歯の数が多い場合には、非常に困難が伴いますが、オールオン4の場合は、インプラントの数が少なくて済むので、歯周病、抜歯、入れ歯の長期間の使用の為に歯槽骨を失っているような症例にも対応することができます。

そしてオールオン4の中には特別な方法があります。

All-on-4 HYBRID™)

上顎の骨が少なく、インプラント埋め込みができない場合、代わりに何本かの頬骨インプラントを使用する方法です。

All-on-4 EXTRA MAXILLA™)

上顎の骨が少なく、インプラント埋め込みができない場合、代わりに4本の頬骨インプラントを使用する方法です。

この2つの方法は、オールオン4の開発者であるドクターマロによって設立されたマロクリニックだけで施術されている特別な方法です。

また、オールオン4はノーベルガイドというNobelClinician™ソフトウェアを利用して行われることもあります。

このシステムは、インプラントの治療計画から埋め込みまでの治療を3D画像によって、安全に治療できるように正確にサポートするシステムです。