Back to top

オールオン4について

AllOn4

オールオン4について

オールオン4は近年開発されたインプラント治療の方法です。

この治療法は、従来対応が不可能だった症例の治療もできるようになった画期的な方法です。

インプラント治療というのは、手術をして、人口の歯根をあごの骨に埋め込み、そこに人口冠歯を固定させる治療法です。

 

従来の方法の場合、あごの骨の量や骨密度が足りないと、サイナスリフトやブロック・ボーン移植などの方法で、骨を移植してあごの骨を補強しなければなりませんでした。

そして、3カ月から半年かけて上顎洞までの間に十分な量の骨が造られてから、インプラントを埋め込むのです。

なぜなら、従来のインプラントを埋め込む治療法は、顎骨に非常に負荷がかかる為、顎骨にそれに耐えられるだけの強度が必要だからです。

その為、歯周病、抜歯、入れ歯の長期間の使用の為に歯槽骨を失っている場合には、治療が不可能であったり、可能であっても身体的な負担と危険の多かったりする治療法でした。

 

オールオン4の場合は、骨質の強い部分に4本の長いインプラントを傾斜させて埋め込み、そこに数本の歯を固定することができる方法なので、歯の本数分インプラントを埋め込む必要がありません。

4本のインプラントを基に、全ての歯を固定することができるので、骨の補強をしなくても治療をすることが可能なのです。

この為、手術による身体的な負担が減るだけではなく、費用も従来の方法より少なくできます。

ただし、この方法は、西洋で開発された技術ですので、骨質が違う日本人には4本では足りない場合があり、インプラントの本数が追加されることもあります。

また、治療は1日で終わり、その日のうちに仮歯をつけてもらえますが、術後半年間は、1カ月に1回程度の定期的な検診が必要です。

1ヶ月半から6か月後に、インプラントと骨が結合してきているかを確認した後、人工歯を装着して治療が完了します。